今から競争が起きそうだという話し

2年代ぐらい前から、「今どきが第はじめ次回事情大戦が始る心地と似ている。」という話しをぐっすり耳にしました。
なので、なかなか気になっていらっしゃる。

覚えているだけでも二人だけなのですが、三お客とも著名なユーザーで、内二人は競争モニターだ。
最初は「瀬戸内寂聴氏」だ。
御年代94歳ですが、年間ほど前に競争に対する人道の改変に反対してデモンストレーションを行ったような通知を見ました。
そのときに、上記のことを言っていたのです。
二人視線は「美輪明宏氏」というスクリプト家の「中園ミホ氏」だ。
「SWTCHIインタビューエキスパート陣」という企画で二人は対談していました。
その当時、NHKTV書物「花子ってアン」のプランが終わった事後だったと思います。
美輪明宏氏は「花子というアン」でナレーションをおプロジェクトになっていた関係での対談でした。
中園ミホ氏が、「花子ってアンの時世は明治から昭和なのですが、スクリプトを書いているってその時代が、今の時代に通じると思ったんです。」と言っていました。薄々競争が始まりそうな心地をにおわせているようです。
次いで気になってしまい、「花子というアン」を映画で見て見ようと思いました。あとは、夏目漱石の「こころ」。
競争な心地という似てるはいかなる要所なんだろう?あたしにはてんでわからないけれど、競争は起きて欲しくないし何かその時代にふれる事で虎の巻があるのではないかと自力悶々としていらっしゃる。競争は起きて欲しくないなと思います。手塩にわたって近頃育てていらっしゃる小児を出兵させたくないです。他人たちの生命も奪いたくないです。iPhone7をソフトバンクで入手する照準をここで紹介している