ヤング赤ヘル軍団、再度熱狂を巻き起こせるか

今年の名工野球、パ・リーグはソフトバンクがスゴイ強さを見せておそらく独壇場シチュエーションに入っていますが、セ・リーグは広島東洋カープがセ・リーグの貯蓄を専売、ここも初期戦ですがおそらく独壇場シチュエーションに入ってある。

今年のカープ、下馬評はそれほど高くはありませんでした。昨シーズンオフ、去就が注目された黒田の残留はありましたが、それまで花形としてカープを引っ張ってきた前田健太の王道移籍もあり、今年はトップクラス入りも恐ろしいんじゃないかとも言われていました。
ただし本当に蓋を開けてみれば、41年の黒田が投手らを引っ張り、野村投手が今日9勝をあげて最多勝張りあいを引っ張ってある。
打線も去年不振だった菊池が今年は開幕から衝撃円滑、丸とともに打線を引っ張り、鈴木、田中という若手も台頭、そうしてなんと言ってもベテランの新井貴浩、主人のものが一番大きいと思います。
元々金本、野村、前田、緒方という選手がいて戦力的には充実していたのに能力をスタート出来なかった旬を乗り越え、新しい赤ヘル旋風を巻き起こしてほしいものです。
広島の国民球団としてスタートし、運営の為にアリーナの入り口に樽を置いて寄付を募るほど監視が危なかった旬、山本、衣笠ところが台頭し、初優勝して以降セ・リーグの強豪組織となって赤ヘル旋風も全国的に吹き荒れた時世、FAメカニズムが設立し、多くの名人プレイヤーが漏洩して低迷が続いた時世を飛び越え、若手の赤ヘル戦士陣が躍動して改めて広島に安心を起こして受け取る事を今から期待してなりません。iphoneMNPする機会返戻は沢山あった方が良い