色恋ができたかもしれません

僕は単身で、何とかこの間、婚礼や異性を諦めて、新築家屋を購入しました!

これからはローン最悪に陥ります。けれどもなんとか自分のお城ができたので、お1他人も頑張ろう!という心が沸いてきました。
ひとりでにこの前まで、異性も婚礼もできない自力は価値がないと思っていましたが、今は壮観にひとりの力で不動産をやり方にいれた自力をかなり誇らしく思っています。
とっくに出来上がっている家屋を購入したので、内側の要素で、僅かむかつく要所があり、蓄積をはたいて少し正すことにしました。
具体的には間接光線を足したり、床材をひとつ変えたり、トイレの保存を作ったり。。。それでも自分で治すわけにもいかず、インターネットで検索した近くの工務ところちゃんにお願いすることに。
ついに打ち合せでお会いした仕事場ちゃんは、日に焼けて真っ黒で、ふと熊ちゃんみたいな他人ですなという情景でした。
ついに出会うとは思えないぐらい、とてもメッセージもし易く、不可能をいっても聞いてくれて、僕はすこしずつ、こういう仕事場ちゃんに出会う日光を楽しみにしていました。
話をしていくうちに、相手方も単身で僕よりも二つ年上という分かりました。
お互いに「何故婚礼できないのかな」などと自虐し当てはまるまでに仲良くなりました。
そうしてなんどか打ち合せを繰り返し、ショールームにつきあってもらったり、施工してもらったりしました。
特別亭主でもなく、ただのゲストという仕事場ちゃんのゆかりだ。
それは思い切り分かっています。
も、電話したらアッという間に出てくれるし、打ち合せのときは非公式のメッセージも始めるし、どうしても私の座敷の合鍵を渡して留守の間に入ってもらって作業してもらったり、打ち合せのために、普通に何度も私の座敷に入ってきたりするので
のほほんと私も「旦那みたいな亭主がいたらな」として仕舞うようになりました。

けれども仕事場ちゃんが僕に優しいのも、何か言ったらかけつけてもらえるのも、僕がゲストだから。それは重々承知している心づもりだ。
ただし、旦那のあまりのきめ細かい態勢に、それほど「これははからずも」と思いせずにはいられません。
うちのダイニングで2人でお茶を呑みながら笑っていると、「相手方も僕に好意があるのかな」とか勘違いしてしまいそうです。

やがて、工事もおわり、儲けを払ったら、仕事場ちゃんとのゆかりもおわりだ。これからもなにかあればお願いすることは出来ると思いますが、何か生じるまでは、電話したり会ったりすることもできません。

最後におランチタイムにでも誘ってみたほうがいいか、それとも仕事場ちゃんへの淡い想定は諦めて忘れたほうがいいか、誠に悩んでしまいます。iPhone6SにSoftBankに乗り換える